« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

August 31, 2006

あと一息が届かない

今日こそ5.11aRPと意気込んでPUMP2へ。

ほぼ同時にたけさんが到着。ビレイをお願いする。
今日はアップはボルダだけにしていきなり本番トライ。1便目。
ハングを順調に越え、核心を無理やりとってクリップまで行ったがテンション。
しばらく休憩。
すると山井さん、K井さん登場。そしてたけさんにふーじんさんを紹介してもらいました。

2便目。皆が見ている状態でトライ。
ハングを順調に越え、核心をそそくさと無理やりとってクリップ。その後先まで進んでクリップ。
ここで終了点クリップすればあとは問題ない、はずだが、右手が死んでる。
アンダーの左手で必死に保持しながら右腕を振り、なんとかクリップしようと粘りまくるが、あえなくテンション。
うう、惜しい。
というか悔しい。

その後核心部のフットホールドを代えてトライしてみる。前より無理なく核心部が抜けられるようになった。が、2便目でパワーを使い果たしたようで、最終的に5便出すも2便目がMAXだった。
5便目前にぼるびっくさんも登場。今日もギャラリー壁のようで。全ての壁を紹介する前にルートチェンジされるのでは?

あー、くやしい。明日はレストのつもりだったが、2便ほど出すか。きっと誰かいるだろうし。

限界グレードに5便も出すのは初めて。めちゃめちゃ疲れた。

皆さん声援ありがとう。まあ5.11aをRPするまでかもしれませんが。

頑張るぞ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 29, 2006

じらすなあ

昨日はよねちゃんが大阪から仕事で来ているため、PUMP2へ。
18:30にPUMP2に到着。早速二人ともアップを終了。

私はTSUNAMI壁の5.11aにトライ。今日こそ決めたい。
途中までは問題なかったが、いつもの個所で1テン。なかなかうまくいかない。
回復を待つ間よねちゃんが前回落とせなかったTSUNAMI壁の5.11bにトライ。
終了間際にやや強引ムーブはあったものの、無事RP。
その後のTSUNAMI壁の5.12aにはコテンパンにやられてた。やはり5.12aは相当厚い壁のようだ。

かささんが登場。ボルダリングエリアへ。

折角なので、よねちゃんも連れてボルダーへ。
よねちゃんに最近落とした4級課題をすすめる。
これがまずかった。よねちゃんに火がつき、3つの課題全て落とすまで延々とトライ。
よねちゃんはこれでガス欠になった。

かささんは垂壁の白(7級)課題を落としたようだ。

その後再度ルートへ。

5.11a再トライ。
が、同じ個所で今度はフォール。

よねちゃんが同じルートをやるも、ガス欠のため途中リタイア。
前回楽々オンサイトしていたルートだけに、かなり凹んでいた。

かささんがトップロープでダイヤモンド壁の5.8にトライ。
Imgp0461
一度フォールするも、再度トライ。残念ながら途中フォールだったが、かぶり個所だったのでしょうがないかも。本当はギャラリー壁の5.7と思ったのだが、初心者講習のため塞がっていたのだ。

本日最後の5.11aトライ。
かぶりを超えてヒールフックで安定した状態でクリップ。
Imgp0466

ここまではかなりスムース。
が、やはり同じ個所でテンションして1テン。
Imgp0467

ここを抜けてしまえばあとはキョンも使えて安定して落とせるのだが...。
Imgp0469

よねちゃんも再度5.11aへ。ヘトヘトながらも驚異的なねばりを見せていたが、やっぱり途中リタイア。
Imgp0464_1
が、よねちゃんのお陰で自分にはなかったレストポイントが見つかった。よねちゃんありがとう。
Imgp0465
半ばヤケになり降りてくるよねちゃん

うーん、今日は1テン、フォール、1テン。本当にあともう少しなんだが、なかなか5.11aも簡単に落とさせてはくれない。じらすなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 28, 2006

半年振りのNewシューズ

先の日記でちょっと触れたが、約半年ぶりにクライミングシューズを新調。

スポルティバのミウラーはとても足に馴染んでいる。レースアップ(紐)の割には履きやすいが、それでもやっぱりレースアップは面倒。

ジム履きメインでベルクロ(マジックテープでとめるやつね)が欲しいということでカラファテへ。
最初に浮かんでいた候補はファイブテンのモカシムオンサイト。相談した上で決めたのはスカルパのビジョンベルクロ。

Ec60106e

理由は以下の通り

・足入れがよくフィット感がある。
・ソールが柔らかめ(一度試してみたかった)
・あまり履いている人がいない
・エロかっこいい

ジムであまり履いている人がいないのはいい。
ミウラーはそこかしこにあって、たまに自分のがどれかわからなくなる。

土日と5.11aトライで履いてみたが、今のところ違和感もなく履けている(まあ、シューズがどうこうというほど余裕がないんだけどね)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 27, 2006

1テン

今日は体の調子が良くなかった。
昨日11aに連続トライで珍しく筋肉痛。
調子は良くないが、昨日の感触をおさらいしておこうと午後からPUMP2へ。

中野島駅から向かう途中で自転車に乗るぼるびっくさんとバッタリ遭遇。PUMP2には誰もいないとのこと。

ボルダーでアップしようと靴を履いていたら山井さん到着。これで6日連続だそうで。いやー、アレですね。

アップでいつもの100度5.10cをやるも、なんか体が重い。
で、今日もひたすらTSUNAMIの5.11a。

1便目、かぶり最上部の組換えができずテンション。かぶりを越えた(個人的な)核心でテンション。どうでもいい個所でテンションの3テン。

やめときゃいいのに2便目。
かぶりの組替えはできたがその後前半で体力消耗してテンション。
かぶり越えの核心でテンションの2テン。ようやく昨日と同じ。

やけになって最後のつもりで3便目。
かぶり越え核心のみでテンションの1テン。お、惜しい。
が、ムーブもようやく決まった。

ということで5.11aは火曜日に持ち越しとなった。
ムーブも決まったし、繋げるだけだ。
火曜日は絶対落とす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2006

4日ぶりのPUMP2

今週は体調が悪い&仕事が忙しく、火曜日以来のPUMP2となった。
今日のメンバは山井さん、たけさん、K井さん、こわさん。

この日はおろしたてのNewシューズ、スカルパのビジョン・ベルクロでまずはボルダを。
やっぱりミウラーとは違って、なかなか慣れずにボルダもいつもの調子が出ない。

ダメもとでTSUNAMIのの5.11aにトライ。
かぶりはもう完璧にクリア。その後のムーブで前回と同じところでテンション。3テンで終了点まで。
その後30分ほど休憩して再度トライ。また同じところでつまづいて2テン。
さらに30分休憩してトライ。途中までは完璧ムーブだったが、フットホールドに迷ってテンション。そこでつまづいたお陰でなんでもない個所で1テン。結局この日は2テン。

が、かなりいい感触。明日には落とせるかも。

その後5人でおでん屋で打ち上げ。クライミングバカ(いい意味で)との会話は面白い。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 21, 2006

唐松・五竜岳(1)

お盆は北アルプス、穂高でアルパインクライミングの予定だったが、仕事でどうしても都合がつかず泣く泣く断念。
そんな状況を見かねてか、よねちゃんが唐松・五竜岳に誘ってくれた。
メンバーはよねちゃん、ハコちゃん、じょうちゃん、そしてはぶちゃんと私の5人。
食事も用意してあるということで、二つ返事でOK。金曜日に実家の甲府に戻り、土曜朝に出発。

8時ちょい過ぎ、五竜とおみの駐車場に到着。既に関西組は夜に到着していて待っていてくれた。じょうちゃんとは去年末の大阪での忘年会以来。はぶちゃんとは3月のPUMP大阪以来。
ってよく大阪行ってるなあ。
私の車を残し、よねちゃんの車で白馬八方の駐車場へ。
ガスってる....。ゴンドラ乗り場にテルテル坊主が。頼むよ本当に。
Imgp0322
ゴンドラ、リフトを乗り継ぎ一気に標高1800mに到達。
Imgp0323
Imgp0325
ここから八方尾根を登り唐松岳を目指す。
ガスの中第1、第2ケルンとあっという間に到着。
Imgp0328

さらに進み、八方ケルンに到着。
写真を撮るということでケルンを登る。レストと言っていたくせについ登る。
Img_0588
ガバが多くて登り易かった(写真:よねちゃん)

第3ケルンに到着。右手に八方池が見えるはずだがガスで見えず。ハコちゃんたちが文句を言うので「心の目で見える」と一喝。実際うっすらとだが見ることができた。

淡々と登り、唐松岳頂上山荘に到着。
Imgp0340
山荘のちょっと上の見晴台に荷物をデポして、空身で唐松岳に向かう。
荷物もないのでラクラク登れるかと思ったが、結構しんどい。
久しぶりの登山のせいか、いつもの調子がでない。
なんとか唐松岳山頂に到着。
Img_0610
後ろにガスが(写真:よねちゃん)

喉が渇いた。飲み物だけでももってくればよかった。
が、山頂につくとガスが少し消え、青空が見える。
Img_0614
山頂にて集合写真(写真:よねちゃん)

デポ地まで戻る。さすがに降りは楽だった。
ここで軽く昼食。
するとガスが晴れだし、先ほど登った唐松岳、その先の白馬の山も見えた。
Imgp0361
唐松岳

一度唐松岳頂上山荘でトイレ休憩をし、五竜岳山荘に向け出発。
唐松からの降りは急な岩場で結構険しいが、浮石もなく、クサリもあるので特に問題はなかった。
Imgp0365
よねちゃんが先頭、私が2番手で、よねちゃんについていくと自然と後ろ三人と距離が...。
岩場を抜けると左手に白馬の町並みが見えた。
Imgp0374
ここからさらにハイマツ帯を抜け、ややゆるやかな稜線のアップダウン。ここが意外にしんどかった。やっぱり体力が落ちているのか。
よねちゃんはサクサク進む。
Imgp0379
後ろを振り返ると遠くハコちゃん、じょうちゃん、はぶちゃん。
はぶちゃんは最後尾だから同じペースか。
Imgp0380
ようやく最後のピークを抜ければ五竜山荘ということで皆にも笑顔が。
Imgp0382

2時間ちょい?五竜山荘に到着。
山荘前のテン場はかなり埋まっており、よねちゃんの6人用テントの設置場所がない、はぶちゃんが山荘の人に交渉して、登山道の邪魔にならないよう、小屋のまん前に設置することに。
早速ビールを。小屋のキンキンに冷えたビールがうまい!
が、自分のボッカしてきたビールもぬるいけど美味い!
やや早めだが夕食。よねちゃんがボッカしてきたスキヤキ!
あまりの珍しさに写真を撮る人も。
Imgp0384
肉もたっぷりで食べきれないかと思ったが、皆お腹がすいていたのか、あっという間に平らげる。その後のうどんもモチもペロリ。
デザートのマンゴー豆腐も美味かった。
Imgp0385

明日は五竜山頂でご来光を拝むということで、早めに就寝。
が、意外にも寒くない。いやむしろ暑い。あまりに暑くて寝付けない。外がさわがしい。はぶちゃんとじょうちゃんも外へ。私も外へ出る。
ガスガスだった空が一気に晴れ、空には星が。
北斗七星もはっきり確認できる。
10分ほどでまたガスに覆われたが、今日の登山のご褒美だったのか。
その後はシュラフから半分体を出して就寝。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

唐松・五竜岳(2)

翌朝、3時半?4時?に起床。
外は快晴!雲海がうつくしい。日の出が近いのか遠く空がうっすらと明るい。
身支度をして五竜岳に向け出発。
途中、長蛇のツアー集団にひっかかる。ここを抜けるのに体力を消耗。
気づけばよねちゃんは見えず。
うしろにいるはずのハコちゃんたちも見えず。
単独で頂上を目指すことに。

五竜もなかなか険しい岩場がある。山頂直前の岩場に差し掛かったところで太陽が顔を出した。
Imgp0396

近くのおじさんが槍が見えると教えてくれた。本当だ、双耳峰の鹿島槍の向こうに槍ヶ岳が。
更に八ヶ岳、その右にうっすらと富士山も見える。本当に快晴だ。
40分弱で山頂へ。
Imgp0410
ご来光

ハコちゃん、じょうちゃん、はぶちゃんも無事到着。
Imgp0418

剱も見える。かっこいい山容だ。
Imgp0415

こちらは鹿島槍、右奥に槍ヶ岳が。
Imgp0414

記念写真をとり、山頂でゆっくりとコーヒー、チャイなどを飲む。
Img_0704
剱をバックに、よねちゃんと(写真:よねちゃん)

まったりとした贅沢な時間。
約1時間ほど山頂で過ごし、テン場へ。

テン場に戻り、朝食を。
朝食はバゲットサンド。トマト、チーズ、ハム、ツナ。
それとスモークタン。さらにブドウも。
Imgp0425
Imgp0423
スモークタンを切るよねちゃん。コワイ。

食べきれず周囲の人におすそ分け。

テントを収容し、遠見尾根を降る。
遠見尾根は特に急な個所もなく、どちらかというとダラダラとした降り。
Imgp0428
Imgp0430
途中で猿発見。

このあたりからまたガスになり、やや涼しくなってきた。
途中休憩ポイントから五竜が見えた。山荘とは逆からみた五竜はゴツゴツした荒々しい姿をしていた。
Imgp0439
途中鹿島槍のビューポイントがあったが、ガスでなーんにもみえず。
11時過ぎ、ゴンドラ手前に到着。
観光ポイントなのか、一面花の遊歩道。
Imgp0445
ゆっくりと15分ほどかけて降り、ゴンドラ乗り場に到着。
よねちゃんは前穂登攀以来病みつきというCCレモンを。
Imgp0450
つられて私も飲む。

ゴンドラで降り、白馬へよねちゃんの車を取りにいき、とおみのエスカルプラザで入浴。
日焼けで肩がヒリヒリして湯にはつかれず、体を洗うだけ。
ハコちゃんが燕岳に登っているイケさんに連絡を。丁度下山しているということで、合流してイケさんおすすめのお蕎麦屋「くるまや」へ。
出てきたのは「気狂い蕎麦」と呼ばれる5人前ほどあるシロモノ。
Img_0766
これを2つと、海老天6人前を6人で食す。最初は食べられるのかなと思ったが、案外あっさり食べきる。流石に途中タマゴやとろろで味を変えたが(笑)。

ここで再会を約束して解散。
天気予報は絶望的だったが、前日に一気に天候が変わり、充実した山行を迎えることができた。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 18, 2006

フラストレーション

週末天候がよければ唐松・五竜岳に行く予定。とうぶんクライミングができなくなるので昨日はPUMP2へ。

が、明らかに今日はヘンだった。まず体が重く感じて、いつものムーブと違ってぎこちない。さらに薬指と中指が痛く、シビアなホールドを保持することができない。
ここんとこ成果が出ていたので限界グレードに挑戦していたが、流石にちょっと疲れがピークか。

だらだらとボルダリングを続けていると、ぼるびっくさんが。こんにちは。
GAIDAさんもいました。こんにちは。

本当は5.11aにトライ予定だったが、たぶん落ちる。
ということで今日は後半はひたすらオブザベしてイメージトレーニングを。
最後にボルダに戻るが、やっぱり指が痛い。これ以上やってるとパキりそうなのでちょっと早めに終了。

モチベーションはとても高いのだが、体がついていっていない。
うーーん、フラストレーションが溜まるわ。
でもこういうときに無理すると故障するのだろう。ちょっと間を入れることにしよう。

晴天なら3日はレスト。中止だったら2日空けて日曜日にPUMP2でルートのみにしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 16, 2006

PUMP2

昨日はPUMP2へ。

18:30頃到着。

一人黙々とボルダリング。指にちょっと痛みがあったので、テーピングして出来る限りホールドしやすいかぶりを中心に登る。そのうち体が慣れたのかあまり痛みはなくなった。

1時間ほどでたけさん到着。風邪をひいたらしい。それでも来ているところがさすがというべきか。

前回落とした2級、実は足限定ということが判明。道理で簡単なわけだ。足限定だとかなり難しい課題だ。 ということでボルダーの最高グレードは4級のままだ。

しばらくするとa-yanが到着。ほどなく初対面のしょうすけさん到着。a-yanはたけさんのボルダリング道場に。私はしょうすけさんとかぶりを中心に登る。
思っていた以上にしょうすけさんは上手かったが、やはりちょっと力づくで取っているので、長時間やっていると腕がつかれそう。それでもキョンを使って力をセーブするよう登っている。新しい引出しをということでダイアゴナル、フラッギングをおこがましくも教える。かなりのかぶり課題もそれなりに登れるようになってきた。

Earthに移って5級課題をやってもらう。こちらはホールドのかかりが良くない。やはりきびしいようだ。私が登ってみせる。最初の一手を取ったあと、ダイアゴナルで体を振って2手目を決める。
しょうすけさんも同じようにトライするがうまくいかない。

それを見ていたたけさんが、「そこ、正対のほうが取り易くない?」
そうかなあ。とやってみたら、あらら、簡単にとれた。

人によってアプローチはさまざま、また体の特性やクセや得意不得意があるので、人にアドバイスをするときには注意しないと。

ぼるびっくさんも到着。たけさん、ぼるびっくさん、a-yanがルートエリアへ。

私としょうすけさんも暫く後にルートエリアへ。

しょうすけさんにトップロープで5.7にトライしてもらう。
基本的なことは事前に勉強していたようで、あまり教えることもなかった。こういう人は凄く伸びると思う。マジで。
Imgp0307
5.7はあっさりクリア。流石にちょっと易しすぎたかなあ。
その後a-yanのビレイもしてもらう。やっぱりビレイは経験を積まないとぎこちないが、最初にしては上手かったと思う。

私ものぼりたくなり、いつもの5.10cでアップ。
中盤のムーブがメチャメチャになったが、やや力づくで完登。

ここでしょうすけさんが帰宅。また一緒に登りましょう。

その後a-yanが同じ課題をやるも、やや遠いホールドが取れずロアーダウン。黒陣馬さんも同じ個所に苦戦していた。ひょっとしたらリーチが短い人にとっては5.10cなのかもしれない。

さて、一発勝負でTSUNAMI壁の5.11aにトライ。
今回はたけさん、ぼるびっくさんのアドバイスもあり、テン山ながらもかぶりは乗り越え先に進むことができた。ただかぶりで必要以上に時間をとってしまい、腕がパンプ寸前。終盤3~4回同じ個所で粘るもふんばりがきかずにリタイア。

序盤のかぶりをいかにすばやく抜けるかが攻略のカギだな。
終盤に悪いホールドがあるようだが、まずはそこまでをノーテンで行くことを目指そう。ちょっと感触あり。
右側の5.11aのほうが簡単そうだな。当分5.11aはこの二つの攻略に絞ろう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 13, 2006

ボルダリングの日

午後2時過ぎ、PUMP2へ。

知り合いは誰もいないのでボルダリングを。
Earth壁の4級、かぶりの6級5級をやり、課題となっているパノラマの4級×とすぐ右のキャンパスの4級を。
どちらも最後の一手まではいけるようになった。

パノラマの4級×は最後が遠く、ランジか、あるいは右手のホールドがアンダーでもてるのでデッドポイントだと思う。

キャンパスの4級はゴール前のホールドが悪く、しかもフットホールドが高くてなかなか難しい。

指の腹がヒリヒリしてきた17時半頃、ぼるびっくさんが。どうもこんにちは。
もうかなりヘトヘトだったが折角なのでセッションを。
パノラマの×をやってみせてもらう。ぼるびっくさんは最後の一手はランジで処理していた。やっぱりそれが正解なのかな。
もう一人おじさんも加わりセッション。おじさんは×にかなり苦戦していた。私はひたすらやっていたせいか、最後まではかなりスムースにいけるようになった。最後をランジで掴もうとするが、腰がひけて終了点を触るだけだった。が、ランジでなくてもデッドで充分な距離なのがわかった。

おじさんが帰宅後、ぼるびっくさんが「あの人ルートでは5.12登るんですよ」
えー。

最後のトライ!ということで再度×を。
終了点で右手と左足を残してデッドで!
と、とれた!

最初にトライしたときは、こんな課題本当にできるのかと思ったものだが、やっていると出来るものなんだなあ。

その後ぼるびっくさんが、キャンパス壁とパノラマ壁を跨ぐ2級課題をやってみたら?と。
え、2級だよ?と思ったが、オブザベしてみるとホールドは結構かかりそう。足も自由だし、とやってみる。
1度目のトライは失敗。が、よく見ると違うホールドと勘違いしていた、どうりで遠いと思った。
2度目のトライ。ホールドのかかる方向を意識して足を処理、と、あっけなくゴール。

2級課題落としちゃったんですけど。
体感的にはとても2級じゃないな。これは3~4級だろう。が、最初の一手目は散々やったキャンパスの4級課題と同じホールドだったからできたのかも。かなりしっかりホールドできるようになったもんな。

ということで、PUMP2ボルダーでの最高グレードは2級になりました。
だって深緑のシールが貼ってあるんだもん。

ぼるびっくさん、ありがとうございました。パノラマの、頑張ってください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 11, 2006

暑い中PUMP2

3連続同じタイトルにならないよう、ちょっと変えた。

定時で帰ってPUMP2へ。

知り合いはいないのでボルダリングを。
5.9の長モノ課題からはじめ、ちょっとだけ6級課題をやって4級に。
Earth正面、スローパーともに普通に取れる。
他の4級課題はあまり進展は無かった。
4級課題を続けてやっていると、デッドポイントで上のホールドを取ろうとした瞬間、途中のホールドに思い切り手の甲と指をぶつけてしまう。いてててててて。

1時間ほどでてっちーが到着。
ちょっとだけ二人でボルダリングして、ルートエリアへ。
たけさん、ぼるびっくさんがいました。しばらくして山井さんも。
どうもこんばんは。

てっちーと二人で(疑惑の)100度壁5.10cでアップ。
やっぱり手が痛い。いつもよりてこずる。

初めてのTSUNAMI壁5.11aにトライ。
トライ前にぼるびっくさんが「この5.11aはお得ですよ」と。
うう。

確かにかぶりはよりは登りやすい。
が、痛めた右手で保持したままクリップに不安を感じる。ホールドも妙にぬめりだす。ガバに戻っては進み、戻ってはを進みを繰り返し、ようやくクリップしてかぶりを越えるが、既にスタミナ切れ。
ここで終了。

次は100度壁5.10dへ。
やっぱりきつい、各駅停車&インチキクリップしながら前回よりは進む。ムーブそのものはできているが、クリップしながら繋げるにはまだまだ回数をこなす必要がありそうだ。

で、前回やった5.10d/11aを。
こちらは前回と全く同じところまでしかいけず。しかも同じ個所でつまってテンション。唯一の進展は足が攣らなかったことだけ。

やっぱり手が痛いので、今日はここでやめる。
いやー、ホールドがヌメって滑る!

てっちーもアップとクールダウン以外は撃沈。まあお互い限界グレード以上なんだから仕方が無い。
リードはだいたいてっちーと私が同じくらいのようだ。
ボルダーはまだちょっとアドバンテージがあるな。

今日の戦績

100度壁   5.10c ○ アップ
TSUNAMI壁  5.11a × もたもたしすぎ。リタイア
100度壁   5.10d × 前回よりムーブは進展
??壁  5.10d/11a × 足が攣らなかった(笑)

限界グレートにトライすると、どうにも精神的に余裕がなくなるせいか、レストがうまくいかない。
ムーブでつまることは少ないので、「あせらない」ことが肝心なのかも。
核心前で疲れてどうする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 09, 2006

今日もPUMP2へ

今日もPUMP2へ。

今日はたけさん、GAIDAさん、山井さん、K井さんがいました。

まずアップでいつもの100度壁5.10cを。
土日やったので疲れているかと心配したが、あっけなく完登。
やっぱこれ5.10cないだろ。

その後TSUNAMI5.11aにトライ。やはりかぶりの最後のクリップができん。
後でGAIDAさんに聞いたらかぶりを越えてからクリップじゃないかとのこと。その後たけさんも同じ意見を。なるほど。

その次は奥壁?の5.10d/11aにトライ。
最初の小ハングを越えたあと、ヒールフックで一気に乗り上げ、上のホールドを取るのだが、慣れない動きのせいで右足が攣る。
いててててて。
痛みをこらえて更に先へ。途中きびしいホールドが続く。一度テンションして先をオブザベ。いやなホールドがある。
次の小ハングを越えて、持ち易そうなホールドに到達と思ったら、クリップできるほどの安心感がない。
ここで力尽きて降りる。
必死になって気づかなかったが、たけさんが持ち易い持ち方をアドバイスしてくれていたらしい。後で聞いたら「なるほど」な持ち方だった。

その後一度黒陣馬さんがてこずった5.10aをやってみる。途中まではラクラクだったが、オブザベを真面目にやらなかったため、ホールドを逆手でとってしまいテンション。あーあ。

最後に100度壁5.10dを。GAIDAさんがこの5.10dは厳しくてタメになると教えてくれたのでチャレンジ。
悪いホールドが連続する。
途中うすーいポケットを取るが、うすくて全然かからん。
たけさんが「そのホールドの左の奥がガバになっているから」とアドバイスをくれる。よーし、と再度体制を整えてデッドでとりに行こうとしたら「あれガバ?」とK井さん。
うそーん、どっちやねーん。
いずれにしても取り易いらしいのでデッドで取る。確かに安定。
その後はきついホールドの連続でクリップの度に各駅停車。
力尽きて途中で降りるが、中間くらいまでは行けた。ボルダリングの成果が出ているな。

今日は黒陣馬さんも疑惑の5.10cを見事オンサイトしました。
私はオンサイトグレードはちっとも上がらん。まあいいか。

今日の戦績
100度壁 5.10c ○ アップ
TSUNAMI 5.11a × 前回と変わらず
奥壁? 5.10d/11a  × テン山
ダイヤモンド壁  5.10a  × 1テン
100度壁 5.10d ×  テン山

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 06, 2006

今日もPUMP2へ

今日もPUMP2でクライミング。

しっぷろっくさんが来るとのことなので14時まえに到着。しばらくボルダーを触っていると、しっぷろっくさんは来ないとのこと。
山井さんを待ちながら4級スローパー課題を。
今度はきっちり落とした。よしよし。

15時過ぎ、山井さんが到着。しばらく二人でボルダーを。
初めて3級課題にトライ。が、ぜんぜんダメ。が、3級もそろそろ手を出していこう。

ボルダーでかなり疲れたが、ちょっとだけとルートへ。
山井さんが昨日の100度壁の5.11dをRP。おめでとさんです。

私は昨日1テンまできた100度壁を。
.....またワンテン。

今日こそ落としたいので再度チャレンジ。レストのポイントをはっきりと決めて、それ以外はどんどん登ることにしたら、なんとかRPできた。

永かったなあ。でもこの課題のおかげでキョンが出せるようになった。いい勉強になった。

よし、これで5.10d、5.11aにガンガンチャレンジできるぞ。

山井さんの5.12a、5.11cのビレイをこなし、最後にクールダウンで5.10aを。

疲れていたので途中やばかったが、無事完登。

今日も山井さん、こわさんと飲みに。
ここ二日は全然節制できてないなあ。まあ、たまにはいいよね。

今日の戦績

100度壁 5.10c × 1テン
100度壁 5.10c ○ RP
100度壁 5.10a ○ クールダウン

ボルダー Earth正面  4級 ○

さあ、5.11aに本格チャレンジだ!
あとPUMP1の3Dの5.10cも落とさないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2006

仕事の後PUMP2へ

今週は火曜に行ったきりジムに行けてない。
今日も仕事で会社へ。16:00過ぎ、誰もいないかもしれないがどうしても行きたくなりPUMP2へ。

ボルダエリアでストレッチしていたら、山井さんがいました。ラッキー。
ボルダで軽くアップ後、ルートエリアへ。早速山井さんにビレイしてもらっていつものアップ用の100度5.10bに。

....あれ? グレードが5.10cになってんすけど。
え?アップ用にRPグレード登ってたの?

うそーん。

とりあえずあっさり完登。てか、これがPUMP2の5.10cだったら、これからガンガン5.10d、5.11aにトライしよ。

山井さんが新しい100度の5.11bにトライ。終盤にものすごいアクロバティックなムーブが入っている。これ、難しそうだわ。

その後課題となっている100度壁5.10cを。
途中手順を間違えてテンション、フットホールド見落として2テン。なんかこの課題はてこずるなあ。フットホールドが逆にある変則的な課題ではあるが。

ダメもとでTSUNAMI左の5.11aを。前回より1手進んだ。でもクリップできん。ひょっとしたら事前にクリップしたほうがいいのかも。

山井さん曰く「これ、5.11aでも難しいほうなんじゃ」
あらら。次は他の5.11aもやるか。

最後に100度壁5.10cにリベンジ。
またフットホールド見落として1テン。ま、ちょっとずつ出来ているからいいか。次はRPできそう。いい加減このルートの呪縛から開放されたいわい。

ということで今日の戦績

100度壁5.10c ○ アップ用(ほんとに10c?)
100度壁5.10c × 2テン
TSUNAMI5.11a × 3クリップで終了
100度壁5.10c × 1テン

ジムをあとにし、山井さんとおでん屋へ。
ひとりだけビール飲んじゃってゴメンナサイ。でもうまいわー。
さ、明日もPUMP2行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »