« フラストレーション | Main | 唐松・五竜岳(1) »

August 21, 2006

唐松・五竜岳(2)

翌朝、3時半?4時?に起床。
外は快晴!雲海がうつくしい。日の出が近いのか遠く空がうっすらと明るい。
身支度をして五竜岳に向け出発。
途中、長蛇のツアー集団にひっかかる。ここを抜けるのに体力を消耗。
気づけばよねちゃんは見えず。
うしろにいるはずのハコちゃんたちも見えず。
単独で頂上を目指すことに。

五竜もなかなか険しい岩場がある。山頂直前の岩場に差し掛かったところで太陽が顔を出した。
Imgp0396

近くのおじさんが槍が見えると教えてくれた。本当だ、双耳峰の鹿島槍の向こうに槍ヶ岳が。
更に八ヶ岳、その右にうっすらと富士山も見える。本当に快晴だ。
40分弱で山頂へ。
Imgp0410
ご来光

ハコちゃん、じょうちゃん、はぶちゃんも無事到着。
Imgp0418

剱も見える。かっこいい山容だ。
Imgp0415

こちらは鹿島槍、右奥に槍ヶ岳が。
Imgp0414

記念写真をとり、山頂でゆっくりとコーヒー、チャイなどを飲む。
Img_0704
剱をバックに、よねちゃんと(写真:よねちゃん)

まったりとした贅沢な時間。
約1時間ほど山頂で過ごし、テン場へ。

テン場に戻り、朝食を。
朝食はバゲットサンド。トマト、チーズ、ハム、ツナ。
それとスモークタン。さらにブドウも。
Imgp0425
Imgp0423
スモークタンを切るよねちゃん。コワイ。

食べきれず周囲の人におすそ分け。

テントを収容し、遠見尾根を降る。
遠見尾根は特に急な個所もなく、どちらかというとダラダラとした降り。
Imgp0428
Imgp0430
途中で猿発見。

このあたりからまたガスになり、やや涼しくなってきた。
途中休憩ポイントから五竜が見えた。山荘とは逆からみた五竜はゴツゴツした荒々しい姿をしていた。
Imgp0439
途中鹿島槍のビューポイントがあったが、ガスでなーんにもみえず。
11時過ぎ、ゴンドラ手前に到着。
観光ポイントなのか、一面花の遊歩道。
Imgp0445
ゆっくりと15分ほどかけて降り、ゴンドラ乗り場に到着。
よねちゃんは前穂登攀以来病みつきというCCレモンを。
Imgp0450
つられて私も飲む。

ゴンドラで降り、白馬へよねちゃんの車を取りにいき、とおみのエスカルプラザで入浴。
日焼けで肩がヒリヒリして湯にはつかれず、体を洗うだけ。
ハコちゃんが燕岳に登っているイケさんに連絡を。丁度下山しているということで、合流してイケさんおすすめのお蕎麦屋「くるまや」へ。
出てきたのは「気狂い蕎麦」と呼ばれる5人前ほどあるシロモノ。
Img_0766
これを2つと、海老天6人前を6人で食す。最初は食べられるのかなと思ったが、案外あっさり食べきる。流石に途中タマゴやとろろで味を変えたが(笑)。

ここで再会を約束して解散。
天気予報は絶望的だったが、前日に一気に天候が変わり、充実した山行を迎えることができた。

|

« フラストレーション | Main | 唐松・五竜岳(1) »

Comments

それにしても五竜山頂からの景色は最高やった。
劔はかっこよかったなぁ。
また近いうちにチンネ左稜線でも登ろう!

Posted by: よね | August 22, 2006 at 11:14 AM

景色もお料理も最高!だね。
周りの人の撮影、、ふふふ。
朝はお裾分け?
えー、お隣のテントにいたかった!!
バゲットサンド、おいしそうだね~。

Posted by: みか | August 22, 2006 at 01:09 PM

>よねちゃん
剱かっこいいね。
チンネ、いいねえ。

>みかちゃん
今回はグルメ登山だったね。
美味しかったよー。

Posted by: gen | August 22, 2006 at 04:05 PM

楽しそうですー^^
大人な山歩きですね。
私はまだまだワンゲルが抜けません。

Posted by: hisako | August 23, 2006 at 12:45 AM

>ひさこさん
大人かなあ?(^^;)
楽しかったですけどね。
今度は一緒に行きましょうか。

Posted by: gen | August 23, 2006 at 01:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51493/11548610

Listed below are links to weblogs that reference 唐松・五竜岳(2):

« フラストレーション | Main | 唐松・五竜岳(1) »