« 片足ボルダラー&宴会 | Main | 1級凹まされ祭り »

December 20, 2006

中級道場

「PUMP2の3Fスタッフ」「サラリーマンのほうがバイト」などと心ないクライマーから苛められている私。彼らに言わせると「出張」というB-PUMP2(通称横パン)に行ってきた。

目的は火曜の中級道場。たけさん曰く「一手目すら取れない」激ムズ課題で凹まされのが目的。nomadさんとたけさんと合流予定。

たけさんは少し遅れるらしい。メールにて「道場前にヨレないようにほどほどに」とのお達しが。

18:30に着くと、2Fにnomadさんが。
着替えて易しい課題からアップを始める。紺は...。とnomadさんが難しかったという紺課題を。確かに難しい。最初の1手目のアンダーを嫌って別なムーブでトライしていたが、結局アンダーはしっかり保持できるじゃん。

その後nomadさんといくつかの茶課題にトライ。1つは落とせた。もう一つはもう少し粘れば取れたかな。が、横パンで初の深緑課題にトライ。2手目までは進むが3手目がしんどい。が、落とせなくはなさそうな感じ。

気が付けばたけさんのアドバイスも無視し、ガンガンのマジトライを連発。たけさんが到着したときには既にかなりのヨレ具合。

ということでゴトー先生の中級道場開始。我々3人のためにやさしめ課題を用意してくれた。
アップ課題は全て一撃。これは本当にアップ課題だった。

本チャン課題も、やや中級としては易しい課題だったようだ。1つは完登。もうひとつ惜しいのが。
が、本当に「1手目すら取れない」課題が。
スタートのスタンスへの乗り込み、フリ、ホールド保持、たぶんどれも足りないのだろう。何度トライしても1手目が保持できない。他の「ホンモノ中級」の人たちもこの課題は2手目までだった。
き、きびしい。が、なぜか楽しい。

最後の課題も頑張れば完登できそうだった。
道場終了後もたけさんとトライ。nomadさんは16時から来ていたので既に電池切れ。

まきさんが現れたので課題を紹介。
1手目すらとれなかった課題にもトライしてもらう。
まきさんも一手目とれず。とれないんだよねー、と仲間ができて嬉しい我々。

P2で知り合ったU子ちゃんもいた。
この間何度も打っていた紺課題、局所解決でゴールがとれたらしい。

かなりダラけ、コンペの話とか外岩行きましょうとか。加須はカスでなくカゾですとまきさんに訂正されたりとか他愛の無い話で盛り上がる。

もう終了かな、と思ったらたけさんが道場の最後の課題にトライしたいという。

た「2回トライしてやめます」

が、スタートから1手目が取れずズルリ。
悲しそうな目でこちらを見るので、「カウントしなくていいですよ」

再度トライするも同様にポトリ。
悲しそうな目でこちらを見るので、「カウントしなくていいです。てか気が済むまでトライしてください」

が、結局持ち越しとなる。

たけさんが最後の最後、ということで茶のハリボテ使用課題にトライするが、途中で降りて万面の笑みで帰ってくる。あ、その笑顔は「こりゃ今日は落とせねえや」って笑みですね。
わかりますわかります。

中級道場。確かにボッコボコに凹まされたが、清清しい気分。
たまにはこういう無理な課題にもトライしたほうが刺激になっていいね。

|

« 片足ボルダラー&宴会 | Main | 1級凹まされ祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51493/13131452

Listed below are links to weblogs that reference 中級道場:

« 片足ボルダラー&宴会 | Main | 1級凹まされ祭り »