« October 2011 | Main | December 2011 »

November 2011

November 27, 2011

近況

すっかり更新が滞ってましたね。

10月末にはオーガち、こんちゃん、ロック鳥さんと小川山へ。
2日間4人で忘却岩にべったりでした。忘却の河はまだ遠いかなあ。

それと、久々にコンペに出ました。Rhno And BirdのBLoCの第1戦。アップなし、かつ1ラウンドでヨレまくって結果はイマイチ。まあそれも実力かなと。たまにコンペにでると色々と勉強になります。

ずっと痛めていた左肘が最近はかなり良くなってきて、登っているときに気にならなくなってきたんでようやく週3ペースに戻せてきたんで、最近は秋葉に行ったりVOLNYに行ったりと出稽古もやってます。VOLNYにはムーンボードがあったりとトレーニングにはなかなk良いです。コーヒー飲めるのもいいしね。

まあ、そんな感じで相変わらず登ってます。
今後はまたblogもしっかり更新するのでよろしくお願いします。

っていいつつ風邪ひいちゃったけど。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 23, 2011

モラルの継承

久々に更新します。近況はまたまとめて別途書きますね。

つい先日、Twitter上でとあるツイートが書かれました。御岳の某岩場で、岩をバーナーで炙っている写真が載せられたのです。
多くのクライマーがこれに対して反応していました。
私もこのツィートに対してリツイートしたところ、本人と思われる方からコンタクトがありました。知らずにやってしまったことと、とても反省しており、今後は同じ行為を見かけたら注意しますとのことでした。(ですのでこれ以上の追及はやめてあげください)

ここで一つ言いたいことは、これはこの行為を行った人だけの問題ではなく、それを「いけない行為である」と注意できなかったことにあると思います。

私がクライミングを始めたのは6年くらい前です。その当時はネット上には岩場の情報はあまりなく、トポ程度でした。先輩のクライマーに外岩に連れていってもらい、外岩での注意や、やってはいけない行為を教わった記憶があります。

今はメディア露出も増えた効果か、首都圏近郊にはたくさんのクライミングジムができ、クライマー人口も飛躍的に増え、その結果、ネット等でも多くの情報を得ることができます。
これが、モラルの伝承がうまくできない要因になっているのかもしれません。

近年、登攀禁止のエリアが増えています。
これは、私有地であるものの、半ば黙認されていた状態の岩場が、ゴミや焚き火などをきっかけにして問題化したものであると認識しています。

御岳に関して言えば国定公園であり、散策、川下り、釣りなど様々な目的をもった方が訪れている中で、クライマー以外の人がみたら目を疑うような行為はさけるべきと考えます。(炙ることに対する岩への影響についてはあえて触れません。ここで書きたい内容とは関係ないため)

アウトドアクライミングは、そうした実に不安定な条件の中で成立しているということを、今一度皆で認識して、それを理解していない人にはしっかりと伝えていきましょう。

私が考える外岩でのモラルは以下の通りです。そうでないという方はコメントください。

1. 自然にあるものをあるがままの状態で登るというスタイルを冒涜する
 ・チッピング(削る)、グルーイング(付け足す)といった人為的加工行為
 ・コンディションを変えるための過剰行為(炙るなど)

2. クライマー以外の方への配慮不足
 ・他者が見たら不審な行為(大声で騒ぐ、炙る、禁止地域での焚き火など)
 ・景観を損ねる行為(チョーク跡やゴミ)

自分自身を振り返ってみると、自分が最後に帰るときにはブラッシングして
いきますが、自分が先に帰るときに、「すみませんが最後にブラッシングお願
いします」という声掛けを最近していなかったなと思います。

改めていけない行為を注意する、伝えることをしっかりやっていきます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »