March 23, 2010

大沢ボルダーに関するニュース

JFAのサイトに大沢ボルダーの利用に関するトピックがありました。悪い話と良い話です。
以下JFAより引用

注意:大沢でのナイトボルダリング

* 一部が通年利用可能になった大沢ボルダーですが、この連休中にナイトボルダリングが行われ、駐在所より注意を受けたとの報告がありました。報告によれば、午後11時頃に「にら」で登っていたとのことですが、今回だけではないようです。

* 「にら」や白妙橋も含め、大沢でのナイトボルダリング、車中泊は厳禁です。

* 大沢のボルダーが利用できるのは、Tokyoトラウトカントリーの営業時間内のみです。周囲には人家も多く、ナイトボルダリングや車中泊は、トラウトカントリーにご迷惑をかけるだけでなく、近隣住民にも不審感を抱かせます。これまで築いてきた信頼関係を揺るがしかねず、このエリアが利用できなくなる可能性すらあります。トポに記載されている注意点を守り、絶対にナイトボルダリングや車中泊をしないで下さい。

※ なお、「にら」はトラウトカントリーの敷地内にあり、利用に当たっては利用料が必要です。

大沢ボルダーの一部が通年利用可能に

* 奥多摩・大沢ボルダーの利用期間が、Tokyoトラウトカントリーのご好意により、トポに表示されているC~Rの岩以外が通年利用可能になりました。詳しくは、最新版のトポをご覧下さい。

* ただし、時期に関わらず、釣り客が優先の場所であることは変わりません。また、ハイシーズン(6月~9月)には多くの釣り客が訪れます。利用に際しては、周囲に注意を払って、迷惑をかけぬようにご利用下さい。

利用に関する問い合わせ:
Tokyoトラウトカントリー(0428-83-2788)

制限ありとはいえ、通年になったのは良い知らせですね。
一方で公開に向けて努力してきた方の努力を踏みにじるような行為もみられるようです。

大沢ボルダーは、登攀禁止の経緯を経ていることを念頭において、利用に関する注意事項を守って利用しましょう。

お金を払うのがイヤなら利用しないでください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)